kjmktw | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

kjmktw

また夢

返信

夢に出てくるのはなぜか異性が多めになっている。

そういうのも診断されるのだろうか。


今回は知人の出演はなし。

男女数人のグループになっていたが、誰も知らない。でっちあげの都合のいい人たちばかり。

たぶん仲良くやってたんだと思う。自分にゃ出来ないことを簡単にやってくれて悔しい。


ある時、その中の一人が転校するのだと。

放課後になっていつものように遊んでいるときに彼女は言った。

突然のことで全員が一瞬の硬直をみせてしまった。

そこからの展開はありがちなものだった。

先週から言われてたんだけど、なかなか言い出せなくて、というやつだ。

実際にはまだ3か月ほど先のことらしいのだが、やはりショックの大きさに戸惑いが隠せないでいた。


俺の家(共働きという設定だった)でみんなが集まり、その詳しい話を聞く。

近くだったらいいな、とか淡い期待なんて抱いてはいけないんだ。

そうしたものは大体が裏切られるのだから。

それでも俺たちは縋り、打ち砕かれた。

国外だ。トンデモな設定だが夢の世界にどっぷり浸かっていた俺はそんな考えは浮かばない。


こみ上げる。友達の声が遠くなる。表情を明るくつくらないと。

でもだめだ。

大粒の涙が零れ落ちる。顔をくしゃくしゃにして声を上げて泣いた。

現実の自分ができないことだ。

自分はむしろその行為を望んでいたのかもしれない。

感情を外に表すことでそれまで抱えていたストレスやら何やらの一部が溶けだした感覚があったのだ。


ともかく俺は泣いた。ここ数年間で一番泣いた。

そしてしゃくりあげながら密かに想いを寄せていた少女に言った。

「思い出作って送り出してやるよ」

俺は堪え切れずまた泣いた。おわり。



やたら泣いた夢だった。あと展開がナツメグ(R18なPCゲーム)っぽいなーと思った。

目覚めたら?が頭上に浮かぶばかり。

でもその時の感覚は非常に心地よかった。

思いきり吐き出したのがよかったのか、

仲間との青春なのか、まあいいか。

投稿者 kjmktw | 返信 (0)

ふろいとせんせー

返信

あのこがデレになった夢をみた。

それはもうびっくりだ。

顔を赤らめて押し黙ってコクンと何かの問いかけに返答したのだ。

快活な普段の様子からは想像もつかないくらいのギャップだ。

夢だから程度の加減を無視してくれていて面白い。

ちなみに私はその人を異性として好きとかではない。

そしてこの夢のせいで意識したりもしないだろう。

平凡な日常の中に埋め込まれたアクセントの1つとして笑って流そう。

投稿者 kjmktw | 返信 (0)

夢中夢

返信

夢だとわかってこれほど落胆したのは初めてだ。


楽器を点検してもらった帰り、新宿駅でJR→京王線に乗り換えの途中のこと。

(実際には外っぽかったし違った場所だと思うけど、夢の補正だろう)

周りの人が自分と同様に楽器を持っていた。何かを待っているようだ。


電車に乗るのになんでこんなに人が待っているのかとぶつぶつ言いながら慎重に歩を進めていたが、

誰かにぶつかってしまった。誰かというか、ぶつかったのは楽器だった。

ケースから取り出され、スタンドにかけられていたその楽器は危うく硬い地面へ

投げ出されるところだったが、危機一髪持ち主の機敏な反応によってその事故を免れた。


慌てて平謝りする自分。気をつけてよねと窘める相手。よく見れば相手は自分より2つほど下と思われる女性だった。

多少の親近感からここで何があるのかを聞いた。

夢の中だからか、口調はやや軽めだった。

曰く、著名な誰かが来てクリニックがあると。具体性がない答えだったがこれだけ集まるのは何かがあるのだろう。


とりあえず礼を言って立ち去ろうとしたとき、その隣にいた女性に惹かれた。

茶のセミロング、伏せがちながらもくりっとした瞳、やや小柄な姿はどこにでもいそうなものだった。

持っていたのが自分と同じ楽器だったからピンときたのかもしれないが、とにかくその二人は一緒に来たのだと思い、

その彼女にも声をかけた。「あなたもそうなんですか?」って。なんだそのつまらん問いかけは。

こういうトークが苦手なのは十分わかっていたのだが、それでも声をかけずにいられなかった。

実際の自分と理想の自分とが融合しているなぁと思った。まぁ、いいか。

返答は「そのつもりだったんですけど、あまりにも混んでて中に入れそうにないのでもう帰ります」

中?中ってこれ以上どこに人が並んで待っているのかと驚いた。

だいたいイベントやるならもっと駅から遠くでやれよ、とかそういう文句は思考の奥底に追い込み、ひとこと、

「だったら僕もこっちの方向ですし、途中までご一緒してよろしいでしょうか」


ありえねーありえねーナンパじゃねーのかこれはとか思っていると

いつの間にか電車で話をしている場面に変わった。

何やら自己紹介をするようだ。

さて意識を主人公に持っていこう。


彼女を座席に座らせ、俺は吊革を握り、

らしからぬ滑舌のよさでしゃべっている。

「サックスは中学の部活で始めたんだけど、その後はなかなか続かなくてね。

 それでもなんとか続けたくてたまーにこうしてどこかで練習してるんだ。

 大学では運動系の部活に入ってるし、もう全然吹けなくなっててもうだめだめよ」


結局は俺俺トークになっていた。たいていはうざがられるってのに。

それでも電車内という閉鎖的空間、逃げ場のなさから一応の返答をしなければならない、

こういうのが繰り返されるうちに空気が重くなってせっかくのチャンスを逃すというわけだ。

だが、彼女の反応はその予想と違い、

「私もそんなところです。部活というかサークルでやってたんですけど、

 ある時仲間内でけんかしちゃって、それからもう色々といやになっちゃって。

 実は私、留年しちゃってるんですよね。今もあまり学校に行ってないし」

そう言って照れくさそうに学生証を見せる彼女。いや、そこには留年の証拠なんかないって。

「ん、留年?俺も実は…」

お互いの傷をなめ合うようなことになってきた。そうやってわざと弱みを見せてくるような輩は

おおよそほとんどがトラップだ。でも、俺にはそんなことを考える余裕がなかった。


続きを読む

投稿者 kjmktw | 返信 (1)

昼寝必須

返信

友達がまだ来てないって勘違いして電車から降りたら電車はすぐに発車した。

中に荷物を置きっぱなしなことに気づいて

とりあえずこの便から離れなければ大丈夫と思い、

車両の隙間に入って粘る。スパイダーウォークかよ。


でもそれじゃあホームを出て他の車両とすれ違うときに

突風に飛ばされてしまうだろうと気づいたので、

またホームに飛び降りて走りながらドアを叩いた。

たすけてください!あけてください!

人目も憚らずにガンガン叩く。


しかし電車は新幹線のごとき加速を見せ、

もうだめかと思ったその時、

電車は減速、停止し扉を開けてくれた。

そこから先のアナウンスはまったく耳に入らなかった。

人を次々にかきわけ、棚の上に置き忘れた荷物が見つかった。

そこまで。


目覚めると6時をとうに過ぎていた。

夢をみるくらい寝たのは昼寝としては久し振り。

そういや悪夢はあまり見ないな。

たまに怖いものもあるけど、それにはSF要素があったり、なんだかんだで楽しんでるのか。

投稿者 kjmktw | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.